sinner | シナー

先日
『ザ シンプソンズ MOVIE』の試写会へと
でかけてきました。

シンプソンズ・・・・
ダイスキなんです!

映画化・・・・・
楽しみにしていたんです!

しかしですよ。

なぜか、なぜなのか
吹き替えが通常の声優陣とうってかわって
タレントばかりの配役。

オトナの理由って!!!
フンヌーッ!!

この件に関しては
様々なところで、様々な波紋を広げております。
そしてその波紋は大きすぎます。
小宮山雄飛(ホフディラン)しかり。

そもそも
シンプソンズが映画化されることを楽しみにしている日本のファンは
DVDでの本来の声優さんたちしか考えられず、
決して所ジョージのホーマーや
ロンドンブーツ淳のバートを望んではいないわけですなんですよね。

そうして
いざ映画をみてみたら
やはりいつものホーマーもマージもいなかったです。
バートもまるで性格が違う子のように見えましたよ。
案外リサ役のベッキーはイケるかもでしたが。

なんだかモヤモヤした気持ちにもなるのですが
まだシンプソンズを経験していない人には大丈夫です。
ぜひ1度は見てほしいアニメです。

映画でも
いつものブラックユーモアは健在、有名スターのゲストなども見ものダス。
オープニングでは、あのバンドが出ちゃってます!

img1_1190342364.jpg
12月15日から公開


投稿者:miyako 日時:2007/11/12 17:34