sinner | シナー

どうも、榎木津です。

毎回思うことですが、
原作読んでから観る映画は
おもしろさ80%OFFですね。
糖質80%OFFはチューハイ党にオススメですね。

姑獲鳥の夏の映画も
嫌な予感通り、もろに80%OFFですわ。

そもそもこの原作は、
個性が強くて万人受けはしないだろうし、
キャラクターの魅力と
世界観の奥行きが面白い本。
と思っとります。
ミステリー!
トリック!
とかいう感じじゃないんです!

なのに、映画ときたら、
やたら怖がらせようとする音楽や、
変なスポットライトをやたらと使って、
「今僕ら映画作ってます」みたいな感じで
世界観どころか、カメラの手前側のスタッフの動きが見えるし
「意味ありげ」みたいな、ムダに長い映像で間延びしてるし、
「眩暈坂」がめちゃくちゃ短いし。
もー!
くやしいです!

main_img.jpg
20点/100点

投稿者:nozaki 日時:2007/02/01 13:44
京極の妹萌えさんからのコメント

でも映画の京極堂の家は
作者夏彦の家らしいぞ!

めまい坂
デコボコすぎ!

日時:2007/02/01 19:23
73さんからのコメント

キャストは、そこそこに合っていると思うんだけどね。阿部寛→榎木津とか。
今年公開予定のもうりょうのはこは、
監督変わっているよ。
うぶめみたいにガッカリではないといいけれど。
しかし、関君が椎名キッペイなのは個人的に違和感…

日時:2007/02/03 15:47
コメントを表示する前にこのシナーキッズの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。
名前:
メールアドレス:
コメント:
投稿: